新入社員研修など福利厚生が充実|時代と変わりつつある制度

スーツの女性

目的に合わせた研修

スーツの女性

社員研修は、会社に勤める従業員のスキルアップ向上などを図るために重要なものです。
そんな社員研修は、階層別研修、職種別研修、テーマ別研修の主に3つが行われています。
まず、階層別研修というのは新人研修や管理職研修などと役職ごとに行う研修です。
この研修では、役職ごとに問われる必要な知識などを学んでいきます。
一方、職種別研修というのは経理や人事、営業など各担当に分かれてその分野の専門スキルを身に付けるために行われる研修のことです。
そして、テーマ別研修というのは語学やITスキルなど会社で働くために必要な知識を身に付けられる場です。
このように、会社で行われている社員研修には色々な種類があります。
ただ、どのような社員研修を行うかについては、勤める会社によって違ってきますし、また学ぶ内容についても違ってきます。

そして、そんな社員研修では研修をどのようにして行うのか、いわゆる研修の形式についても種類があります。
大学などの学校のように講師がいて社員に教える講義のような研修法、意見を交わしたり一緒に作業をしたりする対話型の研修法があり、それぞれでメリットも違ってくるのです。
例えば、講義のような研修法の場合には、講師が丁寧に説明してくれますのでたくさんの情報を仕入れることができます。
それにより、専門の知識などが身に付いていきますので、十分に専門的な学習をしたいという場合にはこういった研修法で社員研修が行われます。
また、対話型では社員同士で対話をしながらの社員研修になりますので、交流を深める場合に適しています。